お風呂のリフォーム、浴室、浴槽のコーティングなら、お風呂リフォーム大阪.com

浴槽・お風呂のリフォーム

ユニットバス・在来工法もお任せ!

在来工法のお風呂とは
現在では一般的となっているユニットバスやシステムバスがなかった頃の、一戸建ての浴室の造り方です。
周囲に防水加工を施した上に、コンクリートなどで壁や床を造ります。
基本的に、防水加工を綿密に施すこと以外は他の部屋と同じように造られています。
在来工法は、時間の経過と共に防水機能が衰えてきて水漏れを起こすことが多いため、10〜20年ごとの点検をおすすめ します。

また、こんな悩みにもお答えします!

  • 浴室が古いし、狭い
  • デザインが気に入っていない
  • 床がすべりやすくて危ない
  • 掃除するのが困難
  • 床の水はけが悪い

など、様々なお風呂の悩みに最適な提案をさせていただきます。
「お風呂リフォーム大阪.com」は、これまでに浴室にまつわるあらゆるお悩みを解決してきました。
お客様ならではのお悩み解決のため、あらゆるプランをご提案します。まずはそのお悩み、お聞かせください!

reform

リフォームの作業の流れ

お風呂リフォームと一口に言っても、その工程は様々です。
下記で、施工完了までの流れを、ご案内します。

今までお使いいただいた浴槽・風呂釜・壁などを解体いたします。

近隣にお住まいの方にご挨拶に伺った後に、ゴミ・騒音などに

極力配慮して施工を行いますのでご安心ください。

老朽化した水道管・ガス管を取り除き、新しいものと交換いたします。

当社では、熟練したスタッフが施工を行いますので、安全面に関しては絶対の自信がございます。

ユニットバスの床を取り付けます。

防水・撥水加工のしっかりした商品のみを当社は取り扱っております。

電気配線・ガス配管・給排水がしっかりと機能しているか、しっかりテストします。

取り壊した壁に、新しいパネルを取り付けます。

お風呂を広く見せる工夫を凝らした、お客様のご希望の色のパネルを厳選いたします

湿気が立ち上る天井は、リフォームの中でも特に注意を払わなければならない所です。

当社熟練のスタッフが、換気扇の位置から、撥水に工夫を凝らした材質の選定まで責任をもって 施工を行います。

いよいよ浴槽の取り付けです。

ガス配管・電気配線もこの際に行います。

これで、お風呂リフォームの工程はすべて完了です。

この後お客様にお風呂をご確認いただき、問題がなければお引き渡しとなります。

またリフォーム後もご不明な点・リフォームの不備を見つけられましたらお気軽にお申し付けください。

お風呂リフォーム大阪.comのこだわり

お客様の要望にお答えできるように、限られたスペースを利用してゆったりとくつろげる浴槽を設置いたします。
お風呂は、湿気がこもりやすいお部屋ですから、スペースをどこまで利用するのかの判断には熟練の経験が必要と なります。

そこは当社の長年の経験が生かされるところです。当社のリフォームで快適なバスタイムをお過ごしください。

浴槽・お風呂のリフォーム施工事例

岸和田市 M様 H26年1月施工
before image
case
after image
case
岸和田市 A様 H26年6月施工
before image
case
after image
case
岸和田市 S様 H26年6月施工
before image
case
after image
case
岸和田市 T様 H26年3月施工
before image
case
after image
case